降圧剤(高血圧の治療薬・血圧をさげる薬)

高血圧症の治療薬(降圧剤)にはどんな薬があるの?

血圧とは心臓によって送り出された血液が動脈の壁を押す「圧力」のことを指します。血圧には「上と下」2種類の値が存在します。「上」とは心臓から血液を押し出したことで血管に圧力がかかっている状態(収縮期圧)、「下」とは心臓が血液で満たされているために血管への圧力が弱まっている状態を示します。
血圧が高い状態(高血圧)が続くということは、血管に強い力がかかり続けるため、血管が破れたり動脈がもろくなったり(動脈硬化)します。肥満やお酒の飲みすぎ、塩分の摂り過ぎなど生活習慣を改善しても血圧コントロールができない場合に、降圧剤の服用が必要になります。降圧剤には多くの種類がありますが、以下に代表的な4つの薬を紹介します。
ラシックスは、尿量を増加させることで循環血液量を減らし、血圧を下げます。オルメテックとミカルディスは、アンジオテンシンⅡという血圧を上げる物質が受容体を刺激することを妨げ、血圧を下げます。メインテートは、自律神経系の作用を抑制し血圧を下げます。薬によって作用の持続時間が違い、また血圧は1日のうちで変動します。そのため、血圧が1日中平均してコントロールできるように薬を組み合わせて処方されます。

降圧剤(高血圧の治療薬・血圧をさげる薬)に関する薬の一覧

検索結果:15

在庫で絞り込み
  • ノルバスク
    • 先発医薬品
    通販最安値
    3,480円
    1錠あたり
    116円

    ノルバスクはファイザー社が製造販売するカルシウム拮抗薬です。ノルバスクはアムロジピンを主成分とした医薬品です。主に高血圧や狭心症の治療に用いられており。...

    ノルバスクの価格比較

  • テノーミン
    • 先発医薬品

    取り扱いなし

    テノーミンはアボットラボラトリーズが製造販売する高血圧治療の薬です。テノーミンは、交感神経のβ作用を抑制し高血圧、不整脈、狭心症の治療に使用されています。...

    テノーミンの詳細

  • アダラートCR
    • 先発医薬品
    通販最安値
    3,480円
    1錠あたり
    174円

    アダラートCRはバイエルが製造販売する高血圧治療の薬です。アダラートCRは血圧値を安定に保つ事ができます。また脳卒中や心臓病、腎臓病の発病リスクを低減させる...

    アダラートCRの価格比較

  • コバシル
    • 先発医薬品
    通販最安値
    2,180円
    1錠あたり
    218円

    コバシルはセルディアファーマが製造販売する血圧を下げる薬です。コバシルは、効き目がよく1日1回の投与で効果が長続きし安全性も高いことから、軽度から中等度の...

    コバシルの価格比較

  • ハイプレス
    • ジェネリック(テノーミン)

    取り扱いなし

    ハイプレスはシプラが製造販売する高血圧治療の薬です。ハイプレスはテノーミンのジェネリック医薬品です。ハイプレスは、交感神経のβ作用を抑制し高血圧、不整脈、...

    ハイプレスの詳細

  • クレサー
    • ジェネリック
    通販最安値
    1,680円
    1錠あたり
    168円

    クレサーはシプラが製造販売する高血圧治療の薬です。クレサーは、ミカルディスのジェネリック医薬品です。クレサーの主成分テルミサルタンは、血圧を正常に保つ働...

    クレサーの価格比較

  • コサート
    • ジェネリック
    通販最安値
    1,480円
    1錠あたり
    148円

    コサートはシプラが製造販売する高血圧治療の薬です。コサートはニューロタンのジェネリック医薬品です。コサートは、体内にあるアンジオテンシンIIという血圧を上...

    コサートの価格比較

  • バルザー
    • ジェネリック
    通販最安値
    1,980円
    1錠あたり
    198円

    バルザーはトレントファーマが製造販売する高血圧治療の薬です。バルザーは、高血圧症の患者に降圧目的で用いられるアンジオテンシンII受容体拮抗薬です。日本の病...

    バルザーの価格比較

  • アムリプ
    • ジェネリック
    通販最安値
    1,280円
    1錠あたり
    128円

    アムリプはシプラ社が製造販売するジェネリック医薬品です。アムリプは、アムロジピンを主成分とした、高血圧症や狭心症の治療に用いられる医薬品です。血管が収縮...

    アムリプの価格比較

  • ベタキャップ
    • ジェネリック

    取り扱いなし

    ベタキャップはサンファーマ社が製造販売するジェネリック医薬品です。ベタキャップは、プロプラノロールを主成分とした、高血圧症の治療に用いられる医薬品です。...

    ベタキャップの詳細

  • ベニテック
    • ジェネリック
    通販最安値
    2,580円
    1錠あたり
    258円

    ベニテックはグラクソスミスクラインが製造販売する高血圧の薬です。ベニテックは、オルメテックのジェネリック医薬品で、高血圧、糖尿病性腎症、心不全治療に多く...

    ベニテックの価格比較

  • テラプレス
    • ジェネリック
    通販最安値
    1,680円
    1錠あたり
    240円

    テラプレスはインタスファーマ社が製造販売する、高血圧治療や前立腺肥大症治療に使われる薬です。テラプレスはテラゾシン塩酸塩水和物を主成分とした医薬品ですα受...

    テラプレスの価格比較

  • ビセレクト
    • ジェネリック
    通販最安値
    1,480円
    1錠あたり
    148円

    ビセレクトはインタスが製造販売する血圧を下げる薬です。ビセレクトは、メインテートのジェネリック医薬品で高血圧症、狭心症、不整脈の治療に用いられる薬です。...

    ビセレクトの価格比較

  • ミカルディスプラス
    • 先発医薬品
    通販最安値
    4,980円
    1錠あたり
    178円

    ミカルディスプラスの価格比較

  • オルメトール
    • ジェネリック
    通販最安値
    2,180円
    1錠あたり
    218円

    オルメトールはトレントファーマ社が製造販売するジェネリック医薬品です。オルメトールは、オルメサルタンを主成分とした、高血圧症の治療に用いられる医薬品です...

    オルメトールの価格比較

降圧剤(高血圧の治療薬・血圧をさげる薬)について

高血圧症の治療薬(降圧剤)を通販や個人輸入で購入するには?

降圧剤を通販で購入するには、個人輸入の代行業者を探す必要があります。日本国内で降圧剤を処方してもらうには、病院に行って診療を受けて処方せんを貰わなくてはいけません。そうしないと、正しい状態で薬を処方することができないですし、病院の方からも保険に関する手続きをすることができないからです。
ところが時間の都合などにより病院で薬を処方してもらうことができない人もいます。そのような人は、海外で販売されている降圧剤を利用することが重要です。個人輸入で個人的な目的で薬を入手することは違法なことではありませんので、病院で入手することが難しい人はこの方法を利用することが大切です。

高血圧症の治療薬(降圧剤)はジェネリック薬の個人輸入がお得!

個人輸入を利用することにより、医療機関にかかるよりも安価な価格で降圧剤のジェネリック薬を手に入れることができます。
高血圧症と診断されると、初診料や検査費などの医療費が発生するため、薬代を含めると1万円程度の費用がかかります。高血圧は食事制限や運動、カウンセリングなどを行いながら、生活習慣から改善を目指す治療法が一般的です。
しかし個人輸入を利用すると、診察を受けなくても低価格なジェネリックの降圧剤を手に入れることができます。高血圧症は継続的に治療をしていかなければならないため、病院に通院するだけで交通費や診察料などがかかります。毎月の医療費も高額になります。インターネットで購入すれば薬代だけしか必要ないので、負担を軽減することができます。

高血圧症の治療薬(降圧剤)の効果を比較

近年で降圧剤として使われている薬は、大きく4つのカテゴリーに分けられます。内訳は、カルシウム拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、利尿薬です。
これらの降圧剤の効果を比較してみると、カルシウム拮抗薬が効果が強く、第一選択薬として使用されています。ACE阻害薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬が強い効果を発揮します。ACE阻害薬は空咳などの副作用が多くみられるのに対し、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬では副作用の頻度が少なく抑えられます。2つを比較するとアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬が多く使われています。
利尿薬はカリウム濃度を下げてしまうためあまり使われる事も少ないですが、近年ではアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬との合剤として使われる事が多くなっています。

高血圧症の治療薬(降圧剤)の種類と選び方

風邪などの疾患とは異なり、高血圧は薬を飲めば治るという病気ではありません。患者自身が血圧のことを考えてコントロールしてく必要がある病気です。
コントロールをするときに重要なのが血圧を下げるための薬である「降圧剤」です。降圧剤と一言で言ってもさまざまな種類があります。血圧をあげる物質を作らないようにしたり、血圧をあげる物質が受容体を刺激するのを妨げる、血管を収縮させるカルシウムを抑制して血管を広げたり、尿の量を増加させることによって循環血液量を減少させて末梢での血管抵抗を低下させる薬などがあります。
選び方は、患者の高血圧症以外にも持つその他の病気、性格や年齢、生活スタイルなどさまざまなことが影響してきます。そのため患者自身にあった薬を医師が選択していくことになります。

高血圧症の治療薬(降圧剤)で人気のおすすめ医薬品

高血圧症は、簡単に書くと名前通り血圧が高くなってしまう状態を指します。健康に戻すには降圧剤を投与することで血圧を抑えるとともに、軽度であれば食事などを見直して運動することで改善するようにします。
降圧剤の人気のおすすめ医薬品としては、ディオバンが挙げられます。ディオバンは血圧を上げる「アンジオテンシンⅡ」という体内物質を抑制する作用が確認されていますので、高血圧のほか心不全や腎不全の治療にも使われています。ディオバンは副作用が少ない薬という点が人気です。ただ、薬の飲み合わせなどについては注意するべき薬でもありますので、服用中に薬についてはしっかりと医師に報告した上で使用するようにします。

ページの先頭へ戻る