花粉症の薬

つらい花粉症には医療用成分のアレグラ、ザイザルがおすすめ

花粉症ではアレルギー症状を抑える目的で、抗ヒスタミン薬の処方を行う事が一般的となっています。花粉症の処方薬で代表的と言えるものは、フェキソフェナジン塩酸塩を薬効成分とするアレグラと呼ばれる薬剤です。この薬剤は抗ヒスタミン剤に多く見られる眠気を催すという副作用の発生率が低く、発症しても軽微である事から幅広い人を対象として使い易いという特徴があります。また鼻炎症状用に改良されたアレグラFXについては市販薬として扱われています。医師の処方せんがなくてもドラッグストアで購入できる、安全性の高い薬です。

アレグラの大衆化が進む中で、近年その評価を高めているザイザルという薬があります。ザイザルもアレグラと同じ抗ヒスタミン剤です。評価のポイントは、効果の持続時間です。眠くなるリスクはあるものの、アレグラは効果が12時間持続するのに対して、ザイザルは24時間持続します。1日1回の服用で済むため、アレグラより手軽に使用できます。値段的には使用量を考えるといずれも大差がないものの、症状を抑える作用に関してはザイザルの方がより強いとされています。

花粉症の薬に関する薬の一覧

検索結果:5

在庫で絞り込み
  • アレグラ
    • 先発医薬品
    通販最安値
    1,980円
    1錠あたり
    198円

    アレグラとは、フランスを本拠とするサノフィが開発した、アレルギー性疾患の治療薬です。主に花粉症などのアレルギー性鼻炎に処方される薬ですが、花粉症以外にも...

    アレグラの価格比較

  • ザイザル
    • 先発医薬品
    通販最安値
    2,980円
    1錠あたり
    149円

    ザイザルとは、イギリスに本社を置くグラクソ・スミスクラインが製造販売するアレルギー性疾患の治療薬です。主に花粉症などのアレルギー性鼻炎に処方される薬です...

    ザイザルの価格比較

  • クラリチン
    • 先発医薬品
    通販最安値
    2,980円
    1錠あたり
    149円

    クラリチンとは、MSD社が1987年に開発、国内でも2002年に発売されたアレルギー性疾患の治療薬です。主に花粉症などのアレルギー性鼻炎に処方される薬ですが、花粉症...

    クラリチンの価格比較

  • ジルテック
    • 先発医薬品
    通販最安値
    3,980円
    1錠あたり
    199円

    ジルテックとは、イギリスに本社を置くグラクソ・スミスクラインが製造販売するアレルギー性疾患の治療薬です。主成分はセチリジン塩酸塩で、花粉症などのアレルギ...

    ジルテックの価格比較

  • エリアス
    • 先発医薬品
    通販最安値
    2,980円
    1錠あたり
    149円

    エリアス(AERIUS)は、MSD社が製造販売するアレルギー性疾患の治療薬です。主成分はデスロラタジン(Desloratadine)で、花粉症などのアレルギー性鼻炎に処方される薬...

    エリアスの価格比較

花粉症の薬について

花粉症の処方薬を通販や個人輸入で購入するには?

現在の日本では、花粉症の症状に悩んでいる人が年々増加していると言われています。とある統計によると、戦前の日本では花粉症の症状を訴える人はほとんどいなかったとされていますが、今では全人口のおよそ1割以上が花粉症を患っていると考えられています。花粉症を発症すると、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど様々な症状が見られます。辛い花粉症の症状を緩和するには、薬の服用が欠かせません。これらの薬は医療機関で処方されるのみならず、通販や個人輸入で購入することもできます。通販や個人輸入で花粉症の処方薬を購入する場合には、インターネットなどを通じて購入することが簡単です。インターネットには、様々な通販会社や個人輸入を代行してくれる業者もあるため、自分に合った購入方法を選ぶことが可能です。

花粉症の処方薬はジェネリック薬の個人輸入がお得!

ジェネリック医薬品は先に出た薬の特許が切れた後に発売される薬のことです。このジェネリック医薬品は新たに開発する必要もなくまた発売するまでの申請期間なども短くて済むことからとても注目されているのです。意味は知らなくても知名度は高いので名前は聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。花粉症は辛いものですが、薬を服用しようと思うとどうしても高額になってしまうことが困る点です。そんな花粉症の処方薬としておすすめなのが海外の花粉症のためのジェネリック医薬品を個人輸入することです。それなら海外の格安なものを入手することができます。また個人輸入は業者がありますので、負担は小さくて済みます。また成分に日本のものと違いはありません。

花粉症の処方薬の効果を比較

花粉症の処方薬はいくつかありますが、効果を比較してみるとそれぞれ違いがあります。一覧表を見る限り、効果、副作用、即効性のすべてにおいてパーフェクトなのはセレスタミンというデータが出ていますが、これはステロイド薬なので重症の患者さんで医師がj必要と認めた場合のみの使用となります。症状がどの程度で何を重視するかを比較検討して薬を処方しますので、運転が必要な場合は「眠くならない薬」と指定しなければなりませんし、多少副作用があっても即効性を求める場合はその旨を医師に伝えます。また子どもに強い薬を出すのは向かないので、効き目が緩やかで副作用のない薬という点にこだわって選んでいます。よく説明を聞き納得いかない場合は処方を断っても良いのです。

花粉症の処方薬の種類と選び方

花粉の時期になると辛いのが花粉症ですよね。目はかゆくなり、鼻水にくしゃみが出てティッシュや目薬が手放せなくなってしまいます。花粉症の症状も種類がありますが、どれも花粉によって起こるアレルギー症状なので、体内のヒスタミンという物質が出るのを抑えたり炎症そのものを抑えることで改善されます。花粉症の処方薬としてはいくつかの種類があります。抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬やステロイド剤などがありますが症状によって選び方は変わってきます。抗アレルギー剤は比較的症状の軽い場合に使用されます。抗ヒスタミン剤はヒスタミンの働きに直接的に働きかけるので、即効性があります。くしゃみや鼻水など症状がひどいときに使用されます。ステロイド剤は強力なので、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤でも効果が見られないときなどに使用されるものです。成分によっては眠くなったりという副作用があるので選び方が大切です。

花粉症の処方薬で人気のおすすめ医薬品

あなたは、花粉症で悩んでいるときどのような薬を選んでいますか。市販薬では、かなりの種類があり、選ぶのが大変だと思います。花粉症の処方薬で人気のおすすめ商品は、アレグラです。アレグラは、有名な芸能人も愛用しているもので、簡単に使うことが出来るのでおすすめです。花粉症の症状をおさえるためには、自然由来の成分が有効的なので、鼻水やくしゃみなどの症状の場合は、アレグラが最適ということになります。また、人気の秘訣はインターネットの口コミサイトで話題になっており、さまざまな年齢層の人が、花粉症の処方薬選びで苦労していたようです。そこでこの処方薬を試したところ、すぐに効いたので、医師からもおすすめされるものとなりました。

ページの先頭へ戻る