抗生物質・感染症

抗生物質・感染症に用いられる「抗菌薬」とは?種類は?

抗菌薬とは、細菌の増殖を抑制したり殺したりする働きのある化学療法剤のことであり、細菌による感染症の治療に使用される薬のことです。効力で分類すると、殺菌性と静菌性の2種類に分類することができます。殺菌性とは細菌を死滅させる作用があり、静菌性は細菌の発育を抑制する作用があります。次に構造で分類すると、天然抗菌薬と合成抗菌薬に分けられます。天然抗菌薬とは抗生物質のことであり、ペニシリン系の薬などはこちらに分類されます。抗生物質は微生物が作った化学物質を指し、世界初の抗生物質であるペニシリンは微生物である青カビから作られました。そもためペニシリンは抗生物質に該当します。一方で合成抗菌薬は、微生物ではなく人間が手を加えて作り出したものです。微生物が作ったわけではないので抗生物質と言うことができず、そのため天然と合成を合わせたものを抗菌薬と言うようになりました。

抗生物質・感染症に関する薬の一覧

検索結果:19

在庫で絞り込み

抗生物質・感染症について

抗菌薬は通販で個人輸入をするほうが効果が高い

近年は従来では流行するはずの無い季節に菌による感染症が流行ると言うことが多くあります。しかし、それらはものによっては日本で現在一般処方されている薬では治癒することが難しいものも多くあります。そこで、抗菌薬をインターネットなどの通販を使って個人輸入をする人が年々増えています。海外の抗菌薬は下水道などのライフラインが整備されていない場所でも適応することが出来る様に抗菌作用が強めに作られています。そのために抗菌薬を海外から通販などで個人輸入をする人が多くいます。また、海外の抗菌薬をはじめとする薬全般はほとんどの場合通販で個人輸入をしても原価が安いために医療機関での処方値段よりも安く手に入れることが出来ます。

ジェネリックの抗菌薬を個人輸入するメリット

近年はその季節に流行ることの少ないと言われていた病気であっても海外からの旅行者や生の肉や魚などの輸入食品などからその菌が他の国に入ってしまうと言うことが多くあります。そこで近年は抗菌薬と言う菌を殺す薬が多く販売されています。しかし、先進医薬品は高価なものが多いため一般には手が出ません。対してジェネリック抗菌薬を使うとジェネリックすなわち後発医薬品ですので比較的安い価格で手に入れることが出来ます。しかし、日本の物は効果が海外のものに比べて低く作られているために多くの人は海外から個人輸入でジェネリックの抗菌薬を入手しています。個人輸入ですと、比較的効果の強いものを安く手に入れることが出来る上に個人輸入は規制が少ないために病院で処方されにくいものも手に入れることが出来ます。

抗菌薬の種類や効果と比較についての考え方

抗菌薬は使用を誤らなければ非常に効果的ですが、処方を誤ると毒にもなります。抗菌薬には大きく分けると2種類に分類されます。濃度依存性抗菌薬と時間依存性抗菌薬と言われるもので、2つを比較してみると濃度依存性の方はつまり小分けにするよりもまとめて投与する方が抗菌効果が高いとされているものです。抗菌薬投与はある一定のラインを超えると菌の発育が阻止出来ます。しかし、感染の原因となっている菌の中には低感受性の変異株が混じっている可能性があるので、薬剤耐性を持っている変異株が混じっている事は十分に考えられます。そこで抗菌薬濃度を高くするなどの方法が採られます。比較しながらいかにして短時間で効果的な投与が出来るかが研究のポイントになってきます。実験や治験などで比較、検証する必要性があります。

医師が使用する抗菌薬の種類と選び方について

私たちは病気の予防や治療には薬を使います。その薬にも種類が沢山あり、薬局で買えるものや医師でないと使えないものなどがあります。また、選び方も難しいです。抗菌薬とは最近の増殖を防ぎ、殺菌する働きをする薬のことです。また、細菌感染症の治療に適用される医薬品でもあります。抗菌薬の構造分類はは大きく2つに分かれます。天然抗菌薬と合成抗菌薬です。この2つの中にさらに14種類の系統があるので、その種類は豊富です。これだけ沢山あると、どの抗菌薬を選べばいいのか分かりません。しかし、選ぶと言っても私たちではなく医師が選ぶのです。選び方で重要なのは患者の状況の把握、行基の推定と確認、適切な投与の決定などです。人が薬を使う時は種類、選び方を適正に判断しなければ逆効果となってしまいます。

抗菌薬はおすすめや人気のものは効果が高い

伝染病や風邪などが流行った時や細菌性の病気にかかってしまった時に飲むものと言えば抗菌薬です。抗菌薬とは、体内に侵入している細菌を殺すのを手伝う薬です。しかし、それらは種類もたくさんあり効能なども同じようなものがとても多くあるためにどの様なものを選んで服用すれば良いのか分かりません。そこで、抗菌薬のおすすめ商品や人気のある商品を使うことによって確実な効果を期待することが出来ます。またおすすめや人気のものはそれだけ使っている人が多いと言うことになりますので、必然的に効果の高い物と言うことになります。この様に様々な種類がある上に効果も同じような物が多くある抗菌薬はおすすめや人気を見て購入すると良いです。

ページの先頭へ戻る