インフルエンザの薬

インフルエンザの薬にはどんなものがあるの?

毎年晩秋から春先にかけて全国的に大流行するインフルエンザ。細菌性の流行病であるインフルエンザを治すためには、インフルエンザの薬(抗インフルエンザ薬)を服用しなければなりません。
抗インフルエンザ薬とは様々な種類があります。普通の風邪薬などとは違い、インフルエンザウイルスが最も多く繁殖している喉などの気管支を中心に殺菌を行う薬(タミフルなど)です。また、インフルエンザ菌とは主に空気感染するため、喉に直接成分を吹き付ける抗インフルエンザ薬(リレンザなど)もあります。インフルエンザの流行季節は主に晩秋から春先となっていますが、真夏に流行することもあります。そのために流行時期は不定期です。抗インフルエンザ薬には近年の医療技術の進歩によって点滴状のものもあります。

インフルエンザの薬に関する薬の一覧

検索結果:7

在庫で絞り込み
  • タミフル
    • 先発医薬品
    • 口コミあり
    通販最安値
    7,480円
    1錠あたり
    748円

    タミフルはスイス・ロシュ社製が製造販売するインフルエンザの治療薬です。日本国内ではロシュグループ傘下の中外製薬が販売しています。タミフルはインフルエンザ...

    タミフルの価格比較

  • リレンザ
    • 先発医薬品
    通販最安値
    5,980円

    リレンザはイギリスに本社を置くグラクソ・スミスクラインが製造販売する抗インフルエンザ薬です。既にかかってしまったインフルエンザの治療はもちろん、インフル...

    リレンザの価格比較

  • オセフル
    • ジェネリック(タミフル)
    通販最安値
    5,980円
    1錠あたり
    598円

    オセフルはトルコのイスタンブールに本社を置く製薬会社・オプト社が製造販売する抗インフルエンザ薬です。既にかかってしまったインフルエンザの治療はもちろん、...

    オセフルの価格比較

  • エンフルビル
    • ジェネリック(タミフル)
    通販最安値
    5,980円
    1錠あたり
    598円

    エンフルビル(ENFLUVIR 75mg)はトルコのイスタンブールの老舗製薬会社・アタバイファーマが製造販売する抗インフルエンザ薬です。既にかかってしまったインフルエン...

    エンフルビルの価格比較

  • アンチフル
    • ジェネリック(タミフル)
    • 口コミあり
    通販最安値
    4,980円
    1錠あたり
    498円

    アンチフル(Antiflu)はインドの大手製薬会社・シプラ社が製造する抗インフルエンザ薬です。タミフルと同じ成分のオセルタミビルリン酸塩を同量(1カプセル当たり75mg...

    アンチフルの価格比較

  • フルアリックス
    • 先発医薬品

    取り扱いなし

    フルアリックスの詳細

  • ビレンザ
    • ジェネリック(リレンザ)

    取り扱いなし

    ビレンザの詳細

インフルエンザの薬について

抗インフルエンザ薬のジェネリック製品を個人輸入で確保

最近では特にめずらしくなくなったジェネリック医薬品ですが、抗インフルエンザ薬の分野でも製品があります。タミフル、リレンザといった代表的な抗インフルエンザ薬のジェネリック医薬品があり、それぞれアンチフル、ビレンザという製品名で販売されるようになりました。とはいっても海外の話なので、個人輸入で買い求めることになります。個人輸入は敷居が高い、という方には代行業者に依頼するという手段もあります。医薬品類を取扱うネットショップもありますから、個人輸入にかかわる諸手続きを省きたい、なるべく急いで入手したい方にはこちらが便利でしょう。後発製品ということで価格が抑えられるケースが多いジェネリック、抗インフルエンザ薬を手元に確保しておきたい方にはメリットが大きいでしょう。

抗インフルエンザ薬の効果の比較と対処方法

抗インフルエンザ薬とは、インフルエンザを発症した場合に処方される抗ウイルス薬のことで、発症後48時間以内に服用しないと効果がなくなってしまいます。そのためインフルエンザの早期発見が求められています。抗インフルエンザ薬には複数の種類があり、効果自体には大きな変化はみられないものの、服用方法を比較するとそれぞれが違った特徴があります。また、抗インフルエンザ薬は一般的な風邪薬よりも比較的強い成分が含まれているので副作用にも注意が必要です。抗インフルエンザ薬は予防にも効果があるとされており、病院や高齢者施設などの体力が弱っている人が比較的多く集まっている場所での感染を防ぐための投与も前向きに検討されています。

抗インフルエンザ薬の種類とその選び方について

抗インフルエンザ薬には、現在4種類ありますが、その選び方について、個人的な見解ですが、以下にまとめてみました。 1つ目はタミフルですが、1日2回の5日間飲みきる内服タイプで、唯一乳児が使用できる抗インフルエンザ薬がこれです。 2つ目はリレンザで、こちらも1日2回の5日間、粉薬を吸入するタイプなので、吸入ができる大体5歳くらいから使用可能とされています。 3つ目はイナビルで、リレンザ同様、吸入タイプで、処方していただいたその場で吸入し、その1回きりで終了なので、飲み忘れなどの心配がないです。 4つ目はラピアクタといい、点滴なのですが、日本ではあまり一般的に使用されておらず、外来点滴での院内感染が蔓延する恐れが否めません。 以上4種類の抗インフルエンザ薬も、年齢での選び方や服薬方法での選び方、型の種類での選び方などありますが、必ず医師に相談の上、処方していただくことが大事です。

抗インフルエンザ薬の購入に個人輸入をオススメする理由

通販や個人輸入で、抗インフルエンザ薬が簡単に手に入るようになり、ニュースで話題となりました。私は、過去に3回もインフルエンザによって、救急車で運ばれ、緊急入院を余儀なくされた経験があります。インフルエンザになってしまったばかりに、抵抗力が弱まり肺炎になり、あと2時間処置が遅れていたら、死んでいたかもしれませんと、医者から言われました。その時処方されたのが抗インフルエンザ薬タミフルでした。インフルエンザは発症してから48時間以内に薬を投与しないと、意味がありません。もし、抗インフルエンザ薬の投与が遅れてしまった場合、十分な効果が得られず、高熱にうなされる事になります。抗インフルエンザ薬は個人輸入や通販ができますので、早めの治療には最適です。しかし、中には通販や個人輸入で抗インフルエンザ薬を購入する人を騙すサイトもあるので注意が必要です。

人気の抗インフルエンザ薬は、早めに手に入れておくことをおすすめします

インフルエンザが流行する前から、抗インフルエンザ薬を入手していくことをおすすめします。抗インフルエンザ薬は病院で処方してもらうことも可能ですが、近年は個人輸入等で購入するという方法が人気となっています。個人輸入では、人気の抗インフルエンザ薬も購入することができます。いざという時でもすぐにインフルエンザに対応することができるため、抗インフルエンザ薬を持っていることはおすすめできます。抗インフルエンザ薬には、いくつかの種類が存在します。個人輸入代行を行う業者ではさまざまな種類を取り扱っていますし、人気の薬もあるため、おすすめの購入方法です。もしもの時のため、早めに自分で行える対策をしておきましょう。

ページの先頭へ戻る