抗うつ薬

抗うつ薬を使用するメリットとデメリットとは

抗うつ薬とは、気分の沈みや自殺願望といったうつ病の症状を持つ患者に処方される薬の総称です。パニック障害や強迫性障害などにも処方されます。薬を処方されると気分が安らぐという患者も多く、処方することにはメリットがありますが、その一方で自殺願望をより強くしてしまうケースも報告されており、医師にしっかりと診断してもらったうえで服用することが絶対に必要です。また、摂食障害の患者に対しては抗うつ薬の服用は逆効果であるとされていますので、気分の沈みや自殺願望といった症状があるからといって服用させてはいけません。さらにのどの渇きといった副作用もあるので、抗うつ薬服用後には患者の家族がケアすることも大切です。薬とはいえ、万能とはいえないデリケートな薬品であるといえます。

抗うつ薬に関する薬の一覧

検索結果:25

在庫で絞り込み

抗うつ薬について

抗うつ薬を通販で個人輸入してみた(体験談)

精神科や心療内科は敷居が高いものです。特に、人目が気になる職業や、小さな子供がいる人には病院自体がとても行きづらいと思います。しかも、病院に行っても、メインは薬をもらうことで、医師の診察は薬をもらうための通過儀礼という気がすることがしばしばあります。そこで、自分の症状と、必要な薬がわかるならば自己責任で個人輸入で抗うつ薬を買えばよいと思い当たり、実際に購入してみました。抗うつ薬は通販サイトを通して個人輸入をしました。初めは通販という買い方に不信感がありましたが、購入者のレビューや支払い方法をしっかり読み、コンビニからの振り込みを利用して、もし、手元に届かなくても最小限に被害額になるようにして挑戦しました。結果としては、無事に抗うつ薬を通販で個人輸入することができ、時々くる鬱の波から身を守り、平穏な日常生活が送れるようになりました。病院に行くより手軽で、良い方法が見つかり満足しています。

抗うつ薬のジェネリック医薬品が個人輸入で購入できる

抗うつ薬にもジェネリック医薬品があります。しかし、国内ではまだ流通していませんが、海外では低価格のジェネリックがすでに流通しています。そこで、個人輸入という方法で国内でも購入する事ができます。個人輸入といっても、ネットで手軽にできます。では、抗うつ薬のジェネリック医薬品にはどのようなお薬があるのでしょうか。まず、パキシルというお薬があります。うつ病の治療に効果が高いお薬ですが、さまざまな副作用もあるようです。次にジェイゾロフトというお薬ですが、1日1回で効果があらわれる為、高齢者の方にも服用しやすいお薬です。次にルボックスですが、他のお薬に比べてマイルドな効き目になっています。まだ何種類かの抗うつ薬があり、自分にあったお薬を選んで、個人輸入という方法で購入してみてはいかがでしょうか。

抗うつ薬の効果・効能についての比較

抗うつ薬については、数多くのものがありますが、効果・効能に関してはSSRIの効き目がよく多く出回っています。SSRIタイプの抗うつ薬の効果・効能としては、神経伝達物質であるセロトニンを取りこんで除去してしまうセロトニントランスポーターに対する抑制作用が挙げられます。SSRIタイプの抗うつ薬の比較に関しては、作用メカニズムが同じであるので特にこれといった特効薬的なものはありませんが、敢えてお勧めするならリフレックスなんかが無難であるかと言えます。リフレックスの効果・効能に関する特徴は、緊張時に服用すると緊張を和らげてくれる即効的効果と、寝る前に服用するとスムーズに眠りにつけることが挙げられます。抗うつ薬の善し悪しの比較は難しいですが、敢えて比較するなら強い眠りを誘うような抗うつ薬は、日中の活動時間帯は避けた方が良いです。

抗うつ薬の様々な種類とその選び方の多様性

抗うつ剤には種類がいくつかあり、症状によっての選び方があります。古いものから、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、選択式セロトニン再取り込み阻害薬、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬の5種類が挙げられます。症状も人それぞれ、薬効も人それぞれということもあり、選び方や組み合わせの種類はたくさんあります。もちろん催眠効果などの副作用も個人差がありますので、主治医と相談の上自分に敵する組み合わせで服用するのがよいでしょう。飲み始めてから効き始めるまで、2週間ほどかかる場合もあります。勝手に服用を中止せず、病状にあわせて増減するのが薬物療法です。選び方に不安があれが主治医に相談しましょう。

おすすめで非常に人気がある抗うつ薬について

おすすめで人気がある抗うつ薬を探している方は多いと思います。おすすめのどの薬が自分に合うのかは、医者ときちんと相談することが重要です。人によって症状がさまざまであること、人によって薬の効き目は違うため、医者と相談して薬を選ぶことが大事です。人気がある抗うつ薬であったも、自分に合うとは限りません。そのため、人気があるから選ぶことは避けるべきです。抗うつ薬はジェイゾロフト、レメロン等があります。基本的には医者で処方してもらう必要があります。医者でおすすめされた薬のみを決められた回数に従って、飲むことが大事です。多く飲んだりした場合には、強い薬の場合には、別の症状が出てくる危険があります。そのため、使い方は決まりに守って実施していくことが重要です。

ページの先頭へ戻る