サノレックスの容量ラインナップと取り扱い通販サイトの価格比較

サノレックスを取り扱っている通販サイトはありません。

サノレックスは、法律により通販・個人輸入が禁止されています。

通販可能なサノレックスの代替薬を見る

サノレックスは、次の理由で取り扱いがありません。

薬事法により通販および個人輸入が禁止されている薬剤です

医師の診察が必要で、処方せん以外での入手方法はありません。

医療用ダイエット薬「サノレックス」とは何か?

ダイエットをしたくても長く続かないという人や効果が出ないという人は多くいます。そんな人は一度サノレックスを使ってみるといいです。サノレックスとは医療用ダイエット薬です。食欲を抑える効果があり、無理なくダイエットができると話題の医療用ダイエット薬です。また代謝を上げる効果もあります。したがってサノレックスを服用するとともに運動を行うとより効果があります。何より食べることを無理に我慢しなくてもよくなるので、ストレスをためることなくダイエットを行うことができます。医療用ダイエット薬とは医師に処方してもらうものなので、服用したい人は基本的に病院に行くことをおすすめします。ダイエットとは急激に体重を減らせばいいというものではありません。食事と運動のことをまず考え、そのサポートとして医療用ダイエット薬を使用すると良いです。

日本国内でサノレックスを安全に通販で手に入れる方法はあるの?

海外ではドラックストアや通販で手軽に購入できる医療用ダイエット薬・サノレックスですが、日本では医師の処方せんがなければ購入できない医薬品です。日本国内でサノレックスを購入したければ、医療用ダイエット薬を処方している美容整形外科等で診察を受けることが必要となります。保険適用にはならず自由診療での処方になるため、医療用ダイエット薬の取り扱い医療機関によってサノレックスの価格に違いはありますが、一度診察を受けて処方されると通販でも購入可能となることがあります。インターネットで取り扱いがある美容整形外科を調べた後に通販でも処方可能かどうかを確認をすると、診察後の購入方法について詳しく説明をしてくれるのであきらめずに問い合わせをすることが必要です。

病院HPなどでみるサノレックスの価格と支払う費用の開きに注意

ダイエットと聞いて思い浮かぶ方法に、過度な食事制限や激しい運動療法があります。耐えられずに挫折してしまう人が多いのも我慢ができない結果と言えます。そんな時に役立つのが医療用ダイエット薬の存在です。とくにサノレックスは日本でも正式に認可されている医療用ダイエット薬ですので使用するのも安心です。気になるのはサノレックスの価格ですが、医療用ダイエット薬を取り扱う医療機関によってまちまちと言えます。インターネットで処方価格を調べてみると、最低でも1錠300円から高額で1500円までと大きな開きがあります。またサノレックスは保険適用外といえども医師の診察か必要な薬剤の為、通販などで気軽に購入することができません。またサノレックス自体の価格が安いからといっても、診察費用が必要になる医療機関も多いため、事前に調べるのが先決になります。

ダイエットの決定版!サノレックスとゼニカルの痩身効果を比較

ダイエットに効果のあるサノレックスとゼニカルの比較を行います。サノレックスは、肥満症の人の減量を補助する薬です。食欲に関係する神経に働きかける作用があるので、食欲を抑えて摂取カロリーを減らすことができます。また、代謝を促進して体の消費エネルギーを増加させることから、効率的にダイエットを行うことができます。対してゼニカルは、脂肪分解酵素のリパーゼの働きを阻害することで体内に脂肪が吸収されるのを防ぐことができます。サノレックスとゼニカルを比較すると、その効果が異なることがわかります。どちらもダイエットに効果のある薬ではありますが、比較結果に考慮しながらそれぞれ最適な場面で適切に使用することが重要となります。

医師の処方でサノレックスを服用した効果と感想

医療用ダイエット薬として保険適用になるサノレックスを服用しての効果と感想です。サノレックスは安全性が高い医療用ダイエット薬ですが、服用を続けると依存性が高くなるため最長で3か月までの服用と医師から注意があり、一日一錠で一か月飲むことから始めたのです。効果と感想としては、まず食欲がわかなくなります。食べたい意識が薄れるので空腹を感じず過ごせるので、必要以上のカロリー摂取を音単に抑えることができます。食欲を我慢することが楽にできることに医療用ダイエット薬のすごさを感じたのが効果と感想です。効果が高い分サノレックスの依存する怖さを実感したのも事実です。サノレックスは医師の処方通りに飲むことが安全で効果的な薬です。

サノレックス錠の関連情報

サノレックス錠0.5mgを使用するときに特に知っていただきたいことを、医療関係者向けに作成されている添付文書を基に、わかりやすく記載しています。サノレックス錠0.5mgの使用による重大な副作用と考えられる場合には、ただちに医師または薬剤師に相談してください。

患者向医薬品ガイド

サノレックス錠0.5mgの患者向け医薬品ガイドは発行されていません。

くすりのしおり(2012年4月改訂)

人間の脳の中にある視床下部には、食欲をコントロールする器官があります。物を食べるよう命令する器官を摂食中枢。食べることをやめるよう命令する器官を満腹中枢といいます。サノレックス錠は摂食中枢と満腹中枢のうち満腹中枢を刺激することで、実際には食事をしていなくても、脳に満腹感を感じさせることができます。脳が満腹感を感じれば食欲がわきづらくなるため、過度な飲食を止めることができます。サノレックス錠は本来、高度肥満症(BMI35以上)の患者に対する食事療法や、運動療法による体重の減少が不十分な患者に対し、補助的に利用される医薬品です。
サノレックス錠0.5mgのくすりのしおりには、作用と効果、用法・用量(使い方)、生活上の注意、気をつけなくてはいけない副作用などが記載されています。サノレックス錠0.5mg

BMI35以上の高度肥満症は成人の0.2%から0.3%程度

肥満の目安となる体格指数(BMI)は、だれでも簡単に計算することができます。計算式は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。男女の性別は関係ありません。計算によって求められた数値(BMI)が、18.5以上25未満なら普通体重、25以上なら肥満と判定されます。日本人の成人男女では、BMI35以上の高度肥満と判定されるのは、人口の0.2%から0.3%程度といわれています。日本肥満学会では、BMI35以上の高度肥満患者に対しては、医療機関での診断や治療が必要と位置づけています。

サノレックスについて

通販禁止

商品名 サノレックス(Sanorex)
メーカー ノバルティス(Novartis)
成分(一般名) Mazindol/マジンドール
薬の形状 錠剤
製品ラインナップ

使用方法
  1. 通常、1日1回昼食前に服用します。
  2. 1日最高服用量は3錠までとし、2~3回に分けて食前に服用します。
  3. 投与期間はできる限り短期間とし、3ヶ月以内を限度とします。
  4. なお、1ヶ月以内に効果のみられない場合は投与を中止すること。
ジェネリック

なし